Home » Hitorimusukowodoitsunochouheiseiniokutte by Keiko Nagaya Beckmann
Hitorimusukowodoitsunochouheiseiniokutte Keiko Nagaya Beckmann

Hitorimusukowodoitsunochouheiseiniokutte

Keiko Nagaya Beckmann

Published April 2nd 2013
ISBN :
Kindle Edition
91 pages
Enter the sum

 About the Book 

この本は、ドイツミュンヘン在住のドイツ人の父親と日本人の母親を持つ1人息子茂ベンジャミンが、ドイツの徴兵制で一番厳しいと言われている南ドイツの山岳隊に9ヶ月間入り、その時の体験を母親が聞いて書いたものです。最初の基礎訓練3ヶ月間は「精神と肉体の限界まで鍛えるから覚悟するように!」と教育官から宣言されて、その通り厳しい訓練がされました。「適正検査では衛生隊が一番合っていると出ている、体力的には少し無理かもしれない、まあ、やってみてやれない事もないだろうと」Moreこの本は、ドイツミュンヘン在住のドイツ人の父親と日本人の母親を持つ1人息子茂ベンジャミンが、ドイツの徴兵制で一番厳しいと言われている南ドイツの山岳隊に9ヶ月間入り、その時の体験を母親が聞いて書いたものです。最初の基礎訓練3ヶ月間は「精神と肉体の限界まで鍛えるから覚悟するように!」と教育官から宣言されて、その通り厳しい訓練がされました。「適正検査では衛生隊が一番合っていると出ている、体力的には少し無理かもしれない、まあ、やってみてやれない事もないだろうと」と言われながら本人は自分を管理する能力を高めたいと未知の世界に挑戦しました。あまりの厳しさに驚いて、くじけそうになったり、どうしたら乗り越えられるかを悩んだり、山あり谷ありの9ヶ月間の訓練期間中、親子共に学び考えて行く話です。人は限界まで物事を経験しますと、その時どうやら今まで働いていなかった脳細胞も動き出して使い、蛇が脱皮するように一回り大きくなれます。戦後の日本人が忘れている、あるいは忘れさせられている大切な出来事や真の教育とは何かを新たな角度で偏見なく深く考え気付ける機会になると思います。世界の多くの国が採用している!